デビルマン

年明け最初の休日は終日だらだらと。
夜、ヨドバシカメラに在庫があったので、SONYノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスヘッドホン、WH-1000XM2Bを注文する。

巨娘 5巻 木村紺 講談社 読了

木村紺の異色作?、帯を見るとこの5巻がで完結らしいが読んでみたらとくにいつものまんまで特に最終回らしい最終回はなし。
4巻ではまったく出番のなかったお兄ちゃんが出てきたので良しとしておくか。
一時中断とかしてた作品なんで、またどこかのタイミングでしれっと再開しそうな気がするな。

巨娘(5) (アフタヌーンKC)

巨娘(5) (アフタヌーンKC)

デビルマン crybaby 1〜2話 Netflix で視聴

気づいたら湯浅政明版「デビルマン」の配信が Netflix で始まっていた。しかも1話づつ公開していくのかと思ってたら全10話一挙公開。
あの湯浅政明永井豪の漫画版「デビルマン」を最後まで映像化するというのだから見ないわけにはいかない。

とりあえず2話まで視聴したが、漫画を読んだのが40年近く前の話になるので細かい部分はすっかり忘れていて漫画にどれぐらい忠実なのかは全然わからない。飛鳥了ってこんか好男子だったっけ? なんか印象としては永井豪というよりは、湯浅政明色の強い仕上がり。当初、湯浅政明デビルマンをやると聞いたときに感じたミスマッチ感は100%湯浅政明な映像に完全に払拭されてしまった。地上波では絶対できないようなエログロ描写もサイケデリックな映像表現と良く合う。

OPは電気グルーヴなのだが、本編中にはなぜかオリジナルキャラクターとしてラッパーが出てきて、ラップ監修がKEN THE 390 で、中の人もKEN THE 390本人やら、YOUNG DAISやら般若だったりして無駄に豪華なのが謎。