キングスマン:ゴールデン・サークル

土曜日の仕事の方の仕事始め。今年からはスポット対応のみとうい話もあったのだが、新たに機能追加しないといけない要件なども出てきたため秋口ぐらいまでは延長ということになった。とりあえず今日は去年の仕事のコード整理などで潰れる。来週からは積み残しの修正依頼を潰していくことに。

帰宅後、家人と久しぶりに近所のシネコンでレイトショー。劇場で映画を見るのはもしかして「シン・ゴジラ」以来であろうか? 上映まで少し時間があったのでシネコン側の店で外食。少し遅めにしても三連休初日にしては人が少ない。

昨日注文したアーキサイトのキーボードがもう届いており早速開封して少し試してみた。キータッチは満足だけどやはりちょっと音が大きいかな。個人的にはスコスコした感じよりこのカチャカチャした感じの方が好みで良いんだけれど。

キングスマン:ゴールデン・サークル TOHOシネマズ泉北にて視聴

2017年のアメリカ映画。
マーク・ミラーのアメコミを映画化した「キングスマン」の続編。監督、脚本は前作に引き続きマシュー・ヴォーン。出演もタロン・エガートンコリン・ファースマーク・ストロングと前作と同じメンバーに、新しい悪役にジュリアン・ムーア、アメリカのスパイ組織ステイツマンのメンバーにジェフ・ブリッジスチャニング・テイタムハル・ベリーなど。あと、エルトン・ジョンが本人役で出てる。

前作は本当に最高の映画であったが、その続編たる本作も最高だった。今回のジュリアン・ムーア演じる悪役は前作のサミュエル・L・ジャクソンに比べるとかなりキャラが弱いのが難点といえば難点であるが、エルトン・ジョンが素晴らしすぎるし、アクションやガジェットのルックの良さと新鮮さは前作に引けを取らない出来だし、あっけらかんとして残酷描写を始めとした悪趣味路線もそのまま。前作ファンの期待を何一つ裏切らない内容に大満足だった。