書籍

グラフィックスプログラミング入門

ゲーム開発用のフレームワークやライブラリを使用せずJavaScriptのみでシンプルなシューティングゲームを作成することで、Canvas APIを利用したグラフィックの描画方法から、三角関数やベクトル、行列などグラフィックを扱ううえで必要となる数学の基礎とホ…

文系プログラマーのためのPythonで学び直す高校数学

コンピューターでの数値の取り扱い(2進数とか浮動小数点数の説明)から始まり、方程式、ベクトル、行列、統計、微積分と高校数学で習う様々なトピックについてカタログ的に列挙して解説していくというスタイルの本。各題材についてそれぞれPythonによるサン…

「超」入門 微分積分

微分については遥か昔のかすかな記憶として学校で習った覚えがあるが、積分に関しては習った記憶がない。一応、高校は出ているが頭の悪い学校で3年間の授業で積分にまで辿りつくことができなかった。というわけで積分を知らずに(せいぜい微分の反対でしょ?…

高校数学でわかるディープラーニングのしくみ

年末から読んでいたベレ出版、涌井貞美著「高校数学でわかるディープラーニングのしくみ」を年を跨いでようやく読了。 最終章である誤差逆伝播法の解説の章の見出しに「高校では習わない偏微分を多用します」と書かれているのはご愛嬌だが、基本的なニューラ…

SwiftUI徹底入門

SB Creative 金田浩明「SwiftUI徹底入門」を読了。 今年のWWDCで発表された、Apple の宣言型構文を採用した新しいUIフレームワークの入門書。SwiftUIに特化した入門書なので、XCodeやSwiftの解説はSwiftUIを利用するうえで必要になるプロパティラッパーやフ…

詳解Swift 第5版

「詳解Swift」の第5版が出たので購入。 今回から判型が小型になって驚いた。 初版から出るたびに買い直しているが、第5版の目玉はカスタム属性とDSLに関する解説だろうか? SwiftUI に関係する章だが普通にSwiftUIで画面をポチポチ作る分には直接出てくる部…

初めてのGraphQL

オライリーからGraphQLの入門書が出たので購入。 今やってる仕事はバックエンドをRESTにしてるけど、複雑な問い合わせ画面だとクエリストリングが長くなりすぎてエラーになるからGETは諦めてPOSTにしちゃうとか、ちょっと残念な気分になることがあるので、紹…

みんなのM5Stack入門

以前から気になっていた M5Stack を入門書&タイアップのスターターキットが発売されたのが良い機会かなと思い、スイッチサイエンスで注文。 とりあえず商品が届くまでの間、その入門書である「みんなのM5Stack入門」(下島健彦・リックテレコム)を買って読…